住民税の裏ワザ!

サラリーマンだと住民税は給与からの天引きとなりますが、そうでない方は自分で支払う必要がありますよね。
その住民税の支払いをクレジットカードを使えば、ポイントを貯める方法があります。
先日、私も妻の住民税を12万支払ってきました。

私が活用している方法は、nanaco(ナナコ)カードでコンビニ(セブン-イレブン)支払いをする方法です。
セブン-イレブンだと、住民税の収納代行でnanaco(ナナコ)でカード支払うことができるのです。
ただ、1枚だと5万円までの支払いしかできないため、例えば12万の支払いの場合、nanaco(ナナコ)カードが3枚必要となります。
nanaco(ナナコ)

手順は次のとおり。

1.クレジットカードを用意する
2.支払額に応じたnanacoカードの枚数(もしくは、nanacoモバイル)を用意する
※nanacoカードの発行には手数料300円かかります。
ただし、毎月8日、18日、28日(ハッピーデー)にイトーヨーカドーで発行し、1000円以上チャージすると手数料が無料。
3.クレジットカードでnanacoにチャージ
※チャージする際にクレジットカードでポイントが付与される
4.セブンイレブンに行き、住民税の収納代行をnanaco決済する
※残念ながら、nanacoポイントは付与されません


以前は、ファミマTカードでも、ファミリーマートで収納代行できたのですが、2012年9月30日(日)で終了してしまいました。

nanaco(ナナコ)カード1枚で12万円を支払い

1枚だと5万円までと言いましたが、実は12万円を1枚のnanaco(ナナコ)カードで支払ってきました。

nanacoカードでの場合、クレジットカードチャージする方法は次の通りです。
1.nanacoサイトからクレジットチャージのお申込み
※ これでセンター預かり金として5万円まで預けられる
※ 申込は1度に5~29千円、1日3度まで
2.チャージ金(センター預かり金)の受取をセブン-イレブンで行う
※ nanacoカードで受取ができるのは最大5万円

つまり、センター預かり金で5万円、nanacoカードに5万円と計10万円にしておくことができます。
これらを使って、12万円を支払うのです。

支払い方法は次のとおりです。
1.事前にチャージ申込を行い、nanacoに5万円受け取っておく。
2.別の日にチャージ申込を行い、センター預かり金を5万円にする。

これで準備が完了。日をあらためて挑戦します。
3.セブン-イレブンに行き、住民税の収納代行をする。
4.まず、nanacoの5万円からの支払いを行う。
5.次に、センター預かり金を5万円をnanacoで受け取る
6.受け取ったnanacoを5万円支払う
7.6と並行してスマフォから、2万円のチャージ申込を行う
※店員さんの処理が早いため、私は待ってもらいました。
8.2万円のセンター預かり金をnanacoで受け取る
9.受け取ったnanacoを2万円支払う

これで12万円の支払いができました。
ただ、店員さんの協力が必要不可欠です。
混んでいない時間帯に、若手の店員さんにお願いすると、うまく成功できました。

nanaco(ナナコ)裏ワザ対応のクレジットカード一覧

カード名 概要 年会費
リクルートカード 還元率は1.2%!JCBのみの対応 年会費無料
楽天カード 還元率は1.0%!JCBのみ。
月額108円のダブルポイントを利用すると2.0%
年会費実質無料
SoftBankカード 還元率は1.0%! 年会費無料
漢方スタイルクラブカード 還元率は1.75%⇒0.25%!VISA、JCBの両対応 1,575円