クレジットカードでお小遣い稼ぎ!

ライオン 私の財布の中にはクレジットカードが10枚程度入っています。
ネットショッピングや、コンビニ、ショッピングモール、公共料金などできる限りクレジットカードを利用しています。
数百円の少額でも利用できるお店全てで利用しています。
それだけで、私の場合は毎年5万円以上お得に生活することができるのです。

クレジットカード利用について不安がられる方もおられると思います。
20年以上前からアメリカでは、現金を持ち歩くほうが危険であり、クレジットカードが主流となっています。
また、クレジットカードには、いろいろな保険がついており、万が一の保証をうけることができます。
むしろ、ネットショッピングの不正保証や、旅行傷害保険、ロードサービスが付いているものまで。

なお、クレジットカード支払いになると、実際に現金購入した場合より1~2ヶ月支払いが遅れます。
その遅れた分の銀行利息もクレジットカードを利用することによってうまれる収入です。

クレジットカードのポイント

サソリ クレジットカードを利用すると、商品券やマイレージなどと交換できるポイントが貯まります。
ただ、クレジットカードには特徴があり、 クレジットカードやその利用方法によってポイントの貯まり方が異なります。
一般的なクレジットカードだと、例えば1万円利用すると50円分のポイントが貯まる還元率0.5%(=50円÷1万円×100%)のカードが多いですが、200円分が貯まる還元率2.0%(=200円÷1万円×100%)となるカードもあるのです。
つまり、クレジットカードや利用方法によって4倍もかわってくるのです。

その他にも、例えば自動車税は現金払いでしかできませんが、クレジットカードと利用方法によってはクレジットカードのポイントを貯めることができるのです。
自動車税だと1000円分程度のポイントが返ってくるのです。
自動車税は高額なため、少しでも実質支払額が低減できるとうれしいですよね?

クレジットカードのポイントの貯め方についてご紹介しますので、参考にしてください。

メインカード1枚と目的別カード複数枚

ヤギ 私のクレジットカードの利用方法についてご紹介します。
私の財布にあるクレジットカードは、次の通りです。

・メインに使うクレジットカード1枚
・目的別のクレジットカード複数枚

基本はメインのクレジットカード1枚ですべての支払を行います。
ただ、ガソリンスタンドや特定日のショッピングモールで利用すると、メインのクレジットカードより大きな特典を受けることができる場合があります。
また、旅行傷害保険や旅行傷害保険など持っているだけでお得なクレジットカードもあるためです。
最初に始めることは、これまでの現金払いをクレジットカード払いに変更することです。
水道代や電気代、携帯代、インターネット料金、NHK料金なども全て切り替えてください。

クレジットカードの最適な活用方法は、ひとそれぞれの生活環境によってかわってきます。
例えば、イオンをよく利用するひとと、イトーヨーカドーを利用する人とでは、持つべきクレジットカードが異なってくるのです。
自分にあったクレジットカードとその利用方法をみつけてください。

クレジットカード比較ランキング
1位 リクルートカード
年会費無料で1.2%還元率!旅行傷害保険付き!
Recruit Card(リクルートカード)
2位 楽天カード
還元率や楽天、ENEOS利用など特典満載!年会費無料
楽天カード(Rakuten Card)
3位 漢方スタイルクラブカード
高還元率!私のメインカードです。
漢方スタイルクラブカード(KAMPO STYLE CLUB)